掲示板

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    栗田吾郎 (月曜日, 10 3月 2014 15:17)

    2014年3月9日の会議で出た意見です.

    ●疑問点を検討できる場所が必要
    ●抗生物質使用のガイドラインを作製する
    ●症例検討会は重要である.アドバイザーが欲しい.
    ●動物から人に耐性菌感染を防ぐ方法(ガイドライン)
    ●抗生物質の使いかたを知りたいー術後の抗生物質使用の目安などのガイドラインが欲しい
    ●抗生物質の濫用をやめたい
    ●抗生物質の使用方法について知りたい
    ●耐性菌の増加が見られ,困っている.どのような使い分けをするかが手探り状態である.
    ●疫学的データがもう少し欲しい.Cicadaなど参考に
    ●Antibiogramを制作したらどうか
    ●院内セットを作ってそれを基準に感受性試験をする.
    ●インターネットを使った検討会
    ●人の院内感染を扱っているのでリンクができると良い
    ●培養の仕方(採材,保管)を教えてほしい
    ●消毒薬の使い分けなど参考にしたい.保健所と動物病院とのつながりを作れると良い.
    ●人と動物の感染症の密接な関係を勉強し,フィールドに生かしたい
    ●少人数で充実した会だと思う.
    ●獣医療は耐性菌が少ない.MRSが中心.(検査センターからの印象)

  • #2

    栗田吾郎 (月曜日, 10 3月 2014 15:18)

    上記CicadaのURLは以下の通りです.

    http://jp.cicadasurvey.com/default.aspx

  • #3

    栗田吾郎 (月曜日, 01 12月 2014 14:33)

    2014年11月30日の会議での検討事項です.

    ●これからの会の運営方法について意見が欲しい(執行部から)
     ・会費を多少値上げしても会誌を発行するような活動をしたい.
     ・運営担当者をどう決めるのか
     ・臨床獣医師にもう少し多く来てほしい.
     などの意見がでた.
    ●講演で希望する分野や講師があれば,推奨してもらえば現執行部が交渉する.
    ●次回は2015年3月22日(日).場所や時間は同じ.
    ●希望するテーマとしては,ウイルス性疾患について,エボラ出血熱やデング熱など話題となっている感染症の現状について,FeLV・FeLVIV・FCoVなどの感染症について,抗生物質について,などの希望がでた.
    ●症例検討ではたとえば外耳炎というような分野を決めて症例をもちより,専門の講師の意見を聞いてみたい.

New! 

8月5日(日)に東京大学で本会主催のシンポジウムが開催されます.申込書はこちらから.

 

次回の研究会の日程は現在調整中です.決まりましたらこちらにお知らせします.

 

 

事務局の住所が変わりました.新しい住所はこちらです.

 

 

 

 

このサイトに関するご要望がある方は連絡掲示板に投稿して下さい.

 

 

サイト管理人 

栗田吾郎